4月の担当医師の変更及び休診のお知らせ(再訂正)

4月1日より、午前診療の担当医師が以下のようになります。 4/1(木)より  毎週木曜日 午前診療: 杉山 博紀医師(泌尿器科内科、内科、小児科) 4/7(水) 午前診療:前田 修司医師(内科、アレルギー科、小児科、皮膚科) 休診のお知らせ:4/12(月)午前診療 田畑医師 ※関口医師が診療いたします。 ※変更がある場合は、随時お知らせいたします。 ※3/31 訂正:4/7(水)午前診療は 田畑医師が行います。 診察時間変更チラシ...

帯状疱疹ワクチン(シングリックス)の接種開始しました

帯状疱疹ワクチンは、50才以上の方を対象にしており、 帯状疱疹ウィルスへの免疫の獲得、予防及び発症時の症状軽減に効果があります。 帯状疱疹ワクチン(シングリックス)については、水痘ワクチンよりも高額ですが、帯状疱疹予防効果が高く、帯状疱疹後神経痛(PHN)の発症を減らす効果も期待できます。2回接種必要です。 帯状疱疹に対する予防接種をご希望の際は、お気軽にお問い合わせ下さい。 予約が必要です。 今まで通り水痘ワクチンについても接種が可能です。 自由診療のページ(ワクチンの料金についてはこちらをご覧ください) https://www.clover-clinic.jp/wishes_care/ 帯状疱疹.jp  https://taijouhoushin.jp/prevention/...

PCR検査実施時間変更について

PCR検査は診療時間外に行っておりましたが、 (月~金)診療時間内に行うことに変更いたしました。 抗原検査とは場所を分けて行います。 PCR検査についてのページを再度ご確認ください。 よろしくお願いいたします。...

日本脳炎ワクチンについて

日本脳炎ワクチンの入荷が滞っています。 予約は不要ですが、ご希望の方はお電話で在庫の確認の上 ご来院をお願いいたします。 ご迷惑をおかけしますが、ご承知おきください。...

インフルエンザ予防接種について(10月より開始)

令和2年度のインフルエンザ予防接種について、 10/1より、横浜市内にお住いの65歳以上の方については自己負担額が無償化されます。 上記以外の方は 10/26~ の接種をお願いしております。 詳しくはこちらをご覧ください。 ※2020インフルエンザ接種時期のお願い 当院は予約制をとっておりませんので、予防接種希望の方が集中した場合、ワクチンの在庫に限りがありますので、当日在庫を確認いただいてからのほうが確実に摂取できると思われます。 どうかご協力お願い申し上げます。...

オンライン診療のページを追加しました

当院ではオンライン診療を開始しました。 当院のオンライン診療ではご対応エリアの制限なく、ご希望の薬局でお薬を受け取っていただけます。 メニューから、オンライン診療のページにアクセスできます。 まずは、メールにてお問合せください。 tsurumi.clover.clinic@gmail.com...

乳幼児健診について

当院では、乳幼児健診については、 月~金 午後診療(15:00~18:30)の時間帯のみ 受付とさせていただいております。 ご不明の点はお問合せください。 よろしくお願いいたします。  ...

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安(改定版)

1.相談・受診の前に心がけていただきたいこと ○発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。 ○発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。 ○基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、 新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、 まずは、かかりつけ医等に電話で御相談ください。 2.帰国者・接触者相談センター等に御相談いただく目安 ○少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。 (これらに該当しない場合の相談も可能です。) ☆息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、 高熱等の強い症状のいずれかがある場合 ☆重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合 (※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や 透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方 ☆上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。) ○相談は、帰国者・接触者相談センター(地域により名称が異なることがあります。)の他、 地域によっては、医師会や診療所等で相談を受け付けている場合もあるので、ご活用ください。 (妊婦の方へ) 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、 早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。 (お子様をお持ちの方へ) 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターや かかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。 ※なお、この目安は、国民のみなさまが、相談・受診する目安です。 これまで通り、検査については医師が個別に判断します。 3.医療機関にかかるときのお願い ○複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、 複数の医療機関を受診することはお控えください。 ○医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、 手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、 マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる) の徹底をお願いします。...