インフルエンザ 減少したものの引き続き警報発令中

2017 年第 9 週(2017 年 2 月 27 日~3 月 5 日)の患者報告数は、第 8 週からやや減少しましたが、警戒は解除されていませんのでご注意ください。

今シーズン初めて B 型であるインフルエンザ脳症(10 歳未満)が報告されています。今後とも重症化についても注意が必要です。

第 6 週以降、 B 型の報告件数および割合が増加しており、第 9 週は A 型 60.9%、B 型 39.0%、A・B 型ともに陽性 0.1%となっています。市内のウイルス検出状況は、ほとんどがA 香港型でしたが、B型の検出が増えています。

引き続き、予防や早期受診などの対策を心がけましょう。

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.